2019.12.06

まぶたを軽くする方法!取り入れたい習慣やセルフケアのポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


長時間パソコンに向かっていたり、睡眠不足の毎日を過ごしていたりすることで、頭や目元が重く感じることがあります。特にまぶたが重く感じていて、少しでも軽くするにはどうしたらよいか悩んでいる人もいるでしょう。さまざまなセルフケアを試してみても根本的な改善にはならない場合もあり、間違ったケアにも注意が必要です。どのようなセルフケアや習慣を取り入れればよいのか、ポイントを紹介します。

まぶたが重く見える原因は?

まぶたが重く見えてしまうと、眠そうに見えてしまったり、疲れているようにも見えたりします。また、アイメイクでまぶたを軽く見せようとしても、色使いによってはより腫れているように見えてしまうといった悩みがある人もいるでしょう。毎日仕事で忙しく過ごしている人にとっては、できればまぶたを軽く見せてすっきりとした印象にしたいと考えてはいるものの、改善の方法がわからなくてそのままになっているという人もいるでしょう。

なぜまぶたが重く見えてしまうのか、その原因の一つとしてはまぶたについている脂肪です。日本人はまぶたの皮膚が厚く、皮下脂肪が多いと言われています。白人に比べ、眼窩(がんか)がくぼんでいないので、まぶたが平らなのも特徴的です。このような遺伝的な要因から、日本人はまぶたが重く見える方が多いです。
まぶたの脂肪には2種類あり、眼球をクッションのように包んでいる眼窩脂肪と、まぶたの皮膚に張り付いている隔膜前脂肪(かくまくぜんしぼう)があります。特に腫れぼったさを作るのが、1つ目の眼窩脂肪です。まぶたが腫れぼったく見える人は、この脂肪が多くついている、またはこの脂肪に水分をため込みやすく、むくみやすい傾向がある方です。

日々の疲れがまぶたを重くしている場合も!

毎日遅くまで仕事をしていて疲れがたまっている人もいます。特にパソコンに向かって作業をする時間が長い場合には、目を酷使しています。目が疲労してくると目の周辺にある筋肉や神経が緊張します。その結果、夕方ごろになるとまぶたが重いと感じてくる人もいます。また、目の乾燥によってもまぶたが重いと感じることがあります。目が乾燥するとまぶたがスムーズに開閉しなくなり、重く感じることもあるでしょう。目薬などで瞳を潤してみると、まぶたの開閉が楽になりますし、まぶたが上がりやすくなり、軽くなります。
そのほか、オフィスで長時間過ごしている場合には、空調が目の乾燥につながることもあります。

目の乾きはまぶたが重くなる原因とは関係がないように見えますが、実は関連性があるため、ケアをすることはとても大切です。そもそも、自分では目の乾きを自覚していない場合もあります。もし、まぶたの重さが気になるようであれば、ドライアイかどうか眼科で検査をしてもらうと良いでしょう。

また、毎日の生活習慣を見直すことも大切です。仕事でパソコンに向かうことが多い人であっても、さらに帰りの電車の中、または帰宅してからはスマホをよく使っているという人もいるでしょう。これらの機器を使う時間が長ければ長いほど、まばたきする量が少なくなる傾向にあります。まばたきの回数が減ると目が乾燥しやすくなるので注意が必要です。さらに、機器から発しているブルーライトなどの光が目に負担をかけます。パソコンやスマホを使いすぎてしまうと、目が疲れてしまったり、乾燥してしまったりするのでまぶたが重くなる原因になります。
仕事で長時間パソコンに向かっていたり、スマホを寝る直前まで使用したりするような生活習慣が身についているときは、目を酷使している可能性が高いです。その結果、目は常に休まることなく疲労がたまります。また、仕事が忙しいときは気づかないうちにストレスもたまっているものです。本来は十分に睡眠をとることで目の疲労は回復していくのですが、眠っている間もドライアイになるような原因をつくりだしてしまうことがあります。寝ている間にもリラックスできず緊張していると歯をくいしばっていることがあり、その結果、目に通じる血管が圧迫されて血流を滞らせることがあります。

朝起きたときには、睡眠中は目を閉じているために瞳が潤っているはずなのですが、睡眠中に歯をくいしばることにより、目が乾燥していることがあります。睡眠中にも疲れがとれていなければ、疲労は日々蓄積されてしまい、日々の疲れがまぶたを重くする可能性もあります。

まぶたを軽くするために取り入れたい習慣

まぶたが重くなる原因の一つはまぶたの脂肪、とお伝えしました。目を酷使すると、目の筋肉が緊張し血流が悪くなります。そして眼窩脂肪に水分がたまり、まぶたが厚くなり重くなります。この水分の循環を促すケアが、まぶたが重くなることを防ぎます。例えば、緑茶や紅茶、コーヒーなどのカフェインを含む飲み物も利尿作用があり、ため込んだ水分の排泄を促します。ただし摂りすぎには注意し、1日多くても3杯を目安にしましょう。
塩分やアルコールの過剰摂取は、まぶたの重みやむくみの原因になります。普段からまぶたの重みが気になる方は、摂取量に気をつけましょう。

まぶたを軽くするセルフケア方法1:蒸しタオルで温める

重いまぶたを少しでも軽くするには、セルフケアを上手に取り入れることも大切です。無理をしないで、簡単に続けられるものを探してみましょう。家にいるときにできる手軽なセルフケアとしては、目のまわりを温めるという方法があります。たとえば、蒸しタオルを使って目もとを温めると血行がよくなります。まぶたのむくみを解消できますし、タオルがほんのり温かいとリラックスできて気持ちがいいものです。温める時間の目安としては10分程度です。この方法であれば時間もそれほどかかりませんし、リラックスにもなるので続けやすいでしょう。蒸しタオルで温めたあとは目もとがすっきりして、まぶたが軽くなるのを感じるでしょう。ほかにも、目もとを温めるための使い捨てホットアイマスクなどがあります。

目もとを温めるとまぶたが軽くなり、むくみをとることができます。また、リラックス効果も期待できるので毎日の疲れを軽減してくれます。寒い日はお風呂にゆっくり入りながら、蒸しタオルで目もとを温めると顔や首廻りが温まり、血行もよくなるのでリラックスできます。さらに、目の疲れは頭をマッサージすることで軽減できます。指先に力をいれて頭を手で包み込むように頭皮をマッサージします。首と後頭部の境目には視神経に繋がるツボがありますので、目の疲れを感じるときに押すと、気持ちが良いでしょう。

まぶたを軽くするセルフケア方法2:目の体操をする

仕事の合間に目が疲れてくると、少し休憩をしましょう。その時間を利用して、目の体操をすることでまぶたが軽くなりすっきりさせることができます。また、気分転換にもなるので仕事中に目の体操をする習慣をつけてみてはいかがでしょう。目の体操は疲労をとるとともに、むくみ解消にもなります。

最初に目のまわりの血行をよくすることで、エクササイズがしやすくなります。蒸しタオルで温めるのはオフィスでは難しいかもしれないので、市販の使い捨てホットアイマスクなどを使うとよいでしょう。目のまわりが温まったら、眉の間に人差し指をあてて眉が動かないように押さえます。そのあと、目を大きく開いて上目づかいの状態にして30回まばたきをしましょう。次に、目をしっかり閉じて5秒待ちます。さらに、5秒目を開けた状態をキープします。この、目を閉じる、開ける、を5回続けて行います。

まぶたを軽くするセルフケア方法3:ツボを刺激する

まぶたを軽くするためには、目だけに注目するのではなく顔全体の緊張をほぐしていくことも大切です。同様にまぶたを軽くするためのツボもあるので、そのツボを覚えてしっかり刺激すればまぶたの緊張をほぐして、すっきりさせる効果が期待できます。まず、眉間のところを触ってみましょう。眉間の中心を押すと脈が打っているのでその部分をやさしくこすります。

そこから目の周りの骨に沿って指を使って移動しながらやさしく圧迫していきましょう。特に黒目の真上の部分で脈を感じる部分や、目尻あたりのところに圧をかけていくようにします。そのまま円を描くように目の下の骨のラインに沿っていくように目の周りを一周していきます。慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが、脈を打つ場所をたよりにゆっくりと強く押しすぎないように気をつけながら、やさしく気持ちよく感じるくらいの力でツボを押すようにしましょう。ツボを刺激することは、一度覚えてしまうと手軽にどこでもできます。仕事中でも、自宅でも気づいたときにセルフケアができるのでおすすめです。

まぶたを軽くするセルフケアの注意点

まぶたを軽くするセルフケアにはさまざまな方法があります。慎重かつ丁寧にケアをしていればそれなりの効果が期待できますが、目のまわりはとてもデリケートな部分です。皮膚もうすいのでセルフケアをするときには、余計な刺激を与えないように細心の注意をしましょう。こすりすぎたり、ツボを強く押しすぎて必要以上に刺激を与えてしまったりすると皮膚が荒れることもあるので気をつけましょう。

蒸しタオルを使うことは手軽で、気分もリラックスするような効果が期待できるのでおすすめの方法ですが、温める温度をしっかり管理していないとやけどなどのリスクがあるので注意が必要です。また、オイルなどでマッサージをするときは、目の中に入らないように気をつけてください。目の周辺がかぶれやすい方は、事前に少量を塗布し、パッチテストをしましょう。

セルフケアに不安があったり、自分でケアしたりしてみたもののあまり上手にできない方は、エステや、美容の専門家に相談してみることも一つの方法です。なぜなら、専門家であればまぶたが重くなっている原因をトータルで判断してくれますし、それぞれの状態にあわせた最適なケアを受けることができるからです。まぶたの重さは、まぶたの部分だけの問題でなく、頭や鼻筋などとも関係している可能性があります。セルフケアだけでは物足りないと感じている人は、専門家によるケアを検討してみるとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エリーのりこ
監修 : エリーのりこ
フランス国家資格セラピスト・スパコンサルタント

フランスに単身渡仏後、フランスの美容とコスメの国家資格を取得。パリの有名スパやゲラン化粧品など、スパやサロンの管理職やマーケティングなどにも従事し、フランスと日本で20年以上の経験を積む。日仏英語トライリンガル。2012年に独立し、原宿のホリスティックエイジングスパ「エリオゼン 」を主宰。独自のフェイシャルメソッド「The光明フェイスデザイン」を考案し、女性誌やウェブメディアにも多数紹介される。スパやサロンのコンサルティング、トリートメント開発などのサービスも提供している。
エリーのりこ