2018.04.03身体の外側から

冬太りでウエストなくなってない?部位別エクササイズでキュッと引き締め。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬太りでウエスト、消えてない?

クリスマス、お正月と年末年始の食べ過ぎ、飲み過ぎでウエストのくびれがなくなって寸胴体型まっしぐら……。ウエストシェイプのために慌てて腹筋運動を始めるもなかなか効果が感じられないまま、薄着の季節を迎えては大変!大人の冬眠明けは人任せにして、キュッと引き締まったウエストラインを手に入れましょう。

 

ウエストのシェイプアップに重要な3つの腹筋とは?

重要な3つの腹筋

腹筋を鍛える……とよくイいますが、実は腹筋という筋肉があるわけではありません。腹筋とは、腹直筋・腹斜筋・腹横筋の3つの筋肉を総称した名前なのです。3つの筋肉それぞれを鍛えることが、くびれたウエストを作り出すために必須となります。

 

腹直筋

腹部全面に位置し、縦に伸びた二本の筋肉と横方向の三本の腱で構成され、シックスパックと呼ばれる部分です。縦に大きい筋肉なので、上方・下方で違う鍛え方が必要です。

 

腹斜筋

腹部横側にある筋肉で、外腹斜筋と内腹斜筋の2層で構成されています。ウエストのくびれを作るために鍛えたい部分なだけでなく、肋骨とともに胸郭を引き下げたり、脊柱と骨盤を引き上げたりと体のバランスを整えるためにも重要な筋肉です。腹斜筋を鍛えるには体をねじるトレーニングが必要となります。

腹横筋

腹横筋は、腹部の筋肉の中で最も深層部にあるインナーマッスルです。内臓を包み込むように発達しており、天然のコルセットのような役目も担っています。腹横筋を鍛えることで内臓の下垂などを防ぐことができ、正しい位置に保つことができます。また、腰骨と骨盤を安定させてくれるので腰痛などの解消にもつながります。

 

腹筋を鍛えるだけでは脂肪燃焼はできない?

一言に腹筋といっても様々な筋肉が組み合わさって構成されているので、キュッと引き締まったウエストを手に入れるためには複数の筋肉トレーニングを組み合わせなければいけません。加えて筋肉トレーニングは無酸素運動なので、冬場に溜まった脂肪を燃焼させるためには、有酸素運動を組み合わせる必要も。自己流の間違ったトレーニングでは腰痛を引き起こし、逆効果になってしまう場合もあるので要注意です!

 

効果的なウエストシェイプはプロにお任せ

プロによるウエストシェイプアップ

複数の腹筋運動に加え有酸素運動も必要など、ウエストシェイプのような部分痩せダイエットには、しっかりとした知識が必要不可欠です。間違った方法では、バストなど違う部分が痩せていき肝心なお腹周りはそのまま……なんて場合も。効果的な部分痩せにはプロにお任せするのも手です。エステでのウエストシェイプは、気になる箇所へ集中的にアプローチするので短期間で効果があるのが特徴。年齢や体質に合わせたトリートメントを行うため、どういう理由で脂肪が付きやすいかなど、ライフスタイルの見直しもできます。

 

自分への投資は悪いことじゃない!大人の冬眠明けは人任せにしてみては

エステなど、自分にお金を使うことは贅沢で罪悪感がある……という方も多いのでは。しかしプロの手を借りることは悪いことではありません。綺麗になると自分に自信がついて、前向きになったという方も。ダイエットのモチベーションも上がり、食生活の見直しなどをするきっかけになったりと、メリハリのある体だけでなく健康にもつながったりします。

一人では難しいシェイプアップも人の手を借りることで実現しやすくなります。大人の冬眠明けは人任せ……というのはいかが?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

ソシエ Total Beauty Tips 編集部

Total Beauty Tipsはお客さまにお楽しみいただくことを目的とした美容ブログです。 記載された内容のすべてが、株式会社ソシエ・ワールドの公式発表・見解を表しているものではありません。