2017.07.03身体の外側から

見た目年齢に差をつける! 今日からできる肘&膝のスキンケア。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日からできる肘&膝のスキンケア

お顔のスキンケアと比べると、肘や膝のスキンケアは意外と忘れられがちなもの。しかし、肘や膝もまた、年齢の現れやすい部位です。見た目年齢に差をつけたいなら、そのあたりのケアは欠かせません。

肘や膝の乾燥によって「ストッキングが引っかかる」などの悩みをお持ちの方も、まだ他人事だと思っている方も、今すぐできるスキンケアで「見た目年齢対策」をはじめましょう。

肘や膝に年齢が現れやすい理由

年齢が現れやすい肘や膝出っ張りがある関節部分のお肌は、衣服との摩擦が起きやすいため、どうしても乾燥しやすくなります。また、肘をついたり、膝をついたりと、体重を支えるために負担がかかる部分でもあります。

そのために肘や膝には年齢が現れやすくなってしまうのです。

摩擦による乾燥や過負荷によって肘や膝の角質が厚くなると、古い角質が残りやすくなるため、黒ずみの発生につながります。

肘や膝に黒ずみがあると、どうしても見た目年齢が気になってしまいますよね。実際に「黒ずみが気になってしまって肘や膝を出したファッションができない」という問題には、多くの女性が悩まされているのです。

しかしこの黒ずみ、定着してしまうと解消までに時間がかかってしまいます。そうなる前に適切な保湿を行い、お肌のターンオーバーをうながしましょう。

もちろん、すでに定着してしまっている人も、あきらめてはいけません。時間をかけてスキンケアを行い、黒ずみの解消を目指しましょう!

肘&膝の「乾燥」対策のスキンケア

肘&膝の乾燥対策スキンケア皮脂腺や汗腺が少なく、乾燥しやすい肘や膝。セラミドやコラーゲンなど、保湿成分を配合したスキンケアアイテムで乾燥を防ぎましょう。

セラミドとは

セラミドは、角質層にあるバリア機能「角層細胞間脂質」の主成分です。角層細胞間脂質は、コレステロールや遊離脂肪酸から構成されたものですが、このセラミドはその中の約50%を占めており、具体的な働きとしては、皮膚の中の水分をサンドイッチのようにはさみこんで保持するという水分保持機能が挙げられます。そのため、セラミドはお肌の潤いを守るためには欠かせない成分といえます。

このセラミド、人間の体の中にもともと存在している成分ではありますが、加齢や環境の変化などにより減少してしまいます。そこで、セラミド配合の化粧品を使用するなどして補う必要性が出てきます。

お肌の保湿機能の改善や、外からの刺激を防ぐという意味では、お肌のセラミドを増やしてあげることはとても大切なことですよ。

コラーゲンとは

コラーゲンは人間の体に必要不可欠なたんぱく質の一種で、主に骨、皮膚、血管に多く含まれています。骨を丈夫にしたり、お肌にハリや弾力をもたらしたり、と非常に幅広い働きをしてくれる成分です。毛根を太くして、コシのある髪にするためにも必要な成分です。

そして、よく知られているように、コラーゲンはエイジングケアの代表格としても有名です。20代半ばから、体内で作られるコラーゲンは減少していきます。そのため、体内のコラーゲン合成を促進するためにも、外から取り入れる必要があるのです。

肘&膝の「古い角質」対策のスキンケア

黒ずみの原因となる古い角質を落とすためには、グリコール酸や乳酸などのAHA(アルファヒドロキシ酸)配合のスキンケアアイテムを使用するのがおすすめです。

AHA配合のスキンケアアイテムは化粧水や美容液だけでなく、洗顔料や石鹸などさまざまな種類があります。これらのアイテムを使用することで、お肌にたまった古い角質が落ちやすくなります。

このような角質ケアは「ピーリング」と呼ばれます。上記の他にも、種子や樹脂などの粒子を加えたスクラブクリームを用いる方法や、植物由来の原料でお肌に優しく角質を取り除く「ゴマージュ」などの方法が知られています。

肘&膝の「黒ずみ」対策のスキンケア

肘や膝の黒ずみの原因といわれているのがメラニン色素の沈着です。お肌に過度の摩擦が加わるとメラニン色素が過剰に生成されてしまい、黒ずみのもとになってしまいます。

メラニン色素の生成を抑えるためには、美白成分を配合したスキンケアアイテムを使用するのがおすすめです。トラネキサム酸やリノール酸、ビタミンC誘導体など、厚生労働省から認可を受けた美白成分を含むものを選びましょう。

トラネキサム酸とは

トラネキサム酸はアミノ酸の一種です。医療現場で抗炎症や止血目的で用いられていましたが、肝斑の改善効果が認められてからは、シミ・そばかすの予防や改善など、美容目的でも使われるようになりました。

メラニンが作られる前の段階でメラニンを生成するメラノサイトの活性化を防ぐため、肘や膝の黒ずみ対策としても利用されています。

リノール酸とは

リノール酸はベニバナ油などから抽出される美白成分です。

メラニン生成をうながす酵素「チロシナーゼ」の働きを抑えるため、黒ずみの原因となるメラニンの過剰生成を防ぐ目的で用いられます。保湿効果や抗炎症作用も認められており、セラミド同様、お肌のバリア機能を高める役割があります。

ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体は、そのままでは不安定なビタミンCを安定化させ、皮膚に浸透しやすくした成分です。水溶性の物質であるビタミンCは、皮膚の表面ではじかれて浸透しにくいの

ですが、ビタミンC誘導体として皮膚に浸透し、体内に吸収されたあとで酵素と結びついて

ビタミンCとなることで、吸収率は格段に向上します。

メラニンを還元してターンオーバーを正常に整える、メラニン生成の原因となる活性酸素を抑制する、コラーゲンの生成をうながす、といった働きがあります。肘や膝の黒ずみだけでなく、幅広い美容効果が期待できる成分です。

おわりに

今回は見た目年齢に大きな影響のある、肘と膝のスキンケアについてご紹介しました。

肘や膝の状態が気になる場合は、乾燥や黒ずみなどの問題に合わせたスキンケアアイテムを選び、適切な用法・頻度で使用することが大切です。

見落としがちな肘や膝のスキンケアをしっかり行って、見た目年齢に差をつけましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.