2018.03.23体内へアプローチ

世界中で話題沸騰。食べるだけでなく、お肌にもオススメのユーグレナとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お肌にもオススメのユーグレナ

今世界中で注目を浴びているユーグレナ。名前を聞いたことがある方も多いのでは? さまざまな栄養素が含まれているこのユーグレナですが、実は食べるだけでなくスキンケアとしてもオススメ。魚と野菜と肉のもつ59種類の栄養素を持つユーグレナとは一体何なのでしょうか。

 

 

今注目のユーグレナって?

今注目のユーグレナって?

ユーグレナという名前を聞いたことがなくても、ミドリムシという名前は聞いたことはあるのではないでしょうか。ミドリムシとはユーグレナの和名で、およそ5億年前から生き続けている体長わずか0.05mmほどの微生物です。和名では「ムシ」という名前が付いていますが、ユーグレナはムシではなくコンブやワカメと同じ藻類に分類されています。

しかし、他の藻類とは大きく異なる点が、動物と植物両方の特徴を持っているというところ。植物でありながら自分で動き回ることができるということが最大の特徴で、水の中で光合成をしながらビタミンやミネラルといった栄養素を体の中に蓄えています。

 

圧倒的な美容健康効果のあるユーグレナの栄養素

美容健康効果のあるユーグレナの栄養素

野菜などに多く含まれるビタミン、ミネラルに加え、魚に多く含まれるDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸など、その合計栄養素はビタミン14種、ミネラル9種、アミノ酸18種、不飽和脂肪酸11種、その他7種の計59種類といわれています。

野菜には細胞壁が存在し、その細胞壁の影響で栄養を効率的に消化吸収することが難しいのですが、動物細胞には細胞壁が存在しません。植物と動物両方の特徴をもち合わせるユーグレナもまた細胞壁を持たない特徴があるため、高い消化吸収率を誇り、その消化率はなんと93.1%(※)です。

そのため、豊富な栄養素を効率的に消化吸収できる食物としてユーグレナは注目を浴びているのです。

 

※日本農芸化学会誌第 51 巻第8 号 p483~p488(1977 )Euglena gracilis タンパク質の人工消化

実験およびネズミ飼育試験による栄養価の決定

 

 

経口摂取だけでなく、スキンケアアイテムとしてもオススメ

その高い栄養価からサプリメントとして売られていることが多いユーグレナですが、実は化粧品としての利用にも注目が集まっています。ユーグレナエキスの「リジューナ」と呼ばれる成分に、肌のターンオーバーを効果的に改善する働きがあることが発見されたのです。

肌老化の原因には自然老化・光老化の2種類があります。自然老化は年齢が上がることによるもので、現代医療や美容では防ぐことが難しいとされていますが、光老化の原因のほとんどは紫外線によるもの。ユーグレナに含まれるリジューナには、紫外線防御や細胞の増殖、美肌に重要な要素のコラーゲン合成促進などの働きがあるといわれています。

また、善玉ホルモンや若返りホルモンと呼ばれるアディポネクチンを増加させる作用があるともいわれており、食用としてだけでなくスキンケアアイテムとしてもユーグレナは注目されているのです。

 

栄養素の塊ユーグレナで美しくなろう

「人間が生きていくのに必要な栄養素はユーグレナだけでまかなえる」ともいわれるほど、古代より地球の生命の源となってきたユーグレナには魅力がつまっています。

サプリメントだけでなくスキンケアアイテムとしても、これからますます注目されること間違いないでしょう。中からも外からも摂取できるユーグレナを、あなたも美容と健康のために取り入れてみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.

ソシエ Total Beauty Tips 編集部

Total Beauty Tipsはお客さまにお楽しみいただくことを目的とした美容ブログです。 記載された内容のすべてが、株式会社ソシエ・ワールドの公式発表・見解を表しているものではありません。