loading...
ビューティ・ジャーニー、 それは果てしなき美への旅路。

昨日が今日を創り、今日が明日を創る。
その積み重ねは、
“女性の一生”という長い、長い旅路。

日々大切に、
毎日をていねいに過ごすことが、
素敵で満ち足りた未来を創ります。

この度ソシエは
「ビューティ・ジャーニー」を提言します。
心を奪われる贅沢で幸福な時間、
最高の満足のその向こうへ。

女性の一生を彩る世界の美に触れ、
素敵な未来への第一歩を踏み出す、
新しい自分を発見するストーリーに
あなたを誘います。

ソシエと共にあなたも
上質と洗練のビューティ・ジャーニーを
体験してみませんか。

SCROLL

2016年冬、すべての女性を美への旅路に誘います。

コース詳細はこちら

The Beauty Journey 2017 COTSWOLDS The Beauty Journey 2017 COTSWOLDS

  • 英国の憧憬、​
    そこはまるで絵本の世界​

  • 英国ならでは
    古き良き時代の面影

  • 英国で最も美しい村々が
    点在する特別な場所

  • 精神的ゆとりが
    英国様式の美をつくる

  • 英国淑女に学ぶ、
    Beauty Tips

  • 英国淑女に学ぶ、
    Beauty Tips ①(1)

  • 英国淑女に学ぶ、
    Beauty Tips ①(2)

  • 英国淑女に学ぶ、
    Beauty Tips ②(1)

  • 英国淑女に学ぶ、
    Beauty Tips②(2)

  • 英国淑女に学ぶ、
    Beauty Tips③(1)

  • 英国淑女に学ぶ、
    Beauty Tips③(2)

英国の憧憬、​
そこはまるで絵本の世界​

英国で最も美しい村​
野花が咲く癒しの
カントリーサイドへ​

コッツウォルズは、約100の小さな村が点在する​標高約300メートル以上の丘陵地帯の総称で​、ロンドンから約2時間で到着します。​
英国ではコッツウォルズで余生を過ごすことが​ステイタスといわれ、セレブにも人気のエリアなのだとか。​
放牧の羊たちを多く見かけるのは​12~13世紀頃、羊毛の交易で栄えた名残りなのだそう。​後に起きた産業革命の波に飲まれず、古い家屋や​自然が当時のまま残され、まるで幼い頃に見た​絵本の中から飛び出してきたかのよう。​
かわいいうさぎがピョンと飛び出してきそうな世界です。​

英国ならでは
古き良き時代の面影

はちみつ色に包まれて​
ゆったりとした静寂と
素朴を味わう​

コッツウォルズといえば「はちみつ色」が特徴。​
その昔、レンガ作りに適した土がなくドライストーン​・ウォール(この地域で採れる石灰石を積上げて​造る石壁)と呼ばれる石で家屋造ったことが始まりと​されています。そのせいか、村中がアンティーク感に​包まれ、趣深い特別な場所に感じます。 ​

世界的大ヒットした映画「ハリー・ポッター」や​「ブリジット・ジョーンズの日記」もここで撮影が​行われたそう。ここの美しさは誰もが憧れる希少な​場所なのですね。​

英国で最も美しい村々が
点在する特別な場所

セレブたちが、愛し、集う。​
伝統と格式を重んじる
英国の聖地。​

コッツウォルズにある村の中で、特に有名とされる​のは詩人であり、デザイナーでもあったウィリアム・モリス​が「英国で最も美しい村」と絶賛した“バイブリー”です。​
歴史あるツタの壁や、かつての馬車小屋を活かした​ホテルなど、古くから自然と共存し、日々を丁寧に​生活してきた人々の姿が目に浮かぶ風景が連なります。 ​

“テッド・ベリー”には、チャールズ皇太子の直営店​「ハイグローヴ(Highgrove)」があり、オーガニック食品や生活雑貨が販売され、観光の名所となっています。​
また、世界中のアンティーク・ファンが集まるといわれる「ヒドコート・マナー」も興味深い場所です。 ​

精神的ゆとりが
英国様式の美をつくる

ガーデニングに
アフタヌーンティー、
本場の文化に触れながら
美しくなる

「ヒドコート・マナー・ガーデン」は​アンティークだけでなく、20世紀を代表する​英国屈指のイングリッシュガーデンとしても有名です。​園内では、花の種類や色など趣の異なるガーデンに​仕切られ、四季折々の美しい花々を咲かせています。​

コッツウォルズの村々で英国の歴史と文化に触れ​本場のアフタヌーンティーを楽しみながらの散策は​女性なら憧れずにはいられません。​

英国淑女に学ぶ、
Beauty Tips

流行や最新情報も気になるけれど、
先人たちが培ってきた伝統を知ることも​
新しい自分を発見する方法の
ひとつなのかもしれません。​
古式ゆかしい英国の文化を、
私たちと訪ねてみませんか。​

Beauty Tips①「ロイヤルワラント」
(英国王室御用達)

Beauty Tips②美容と健康の宝庫
「ローズ」と「ハーブ」

Beauty Tips③「英国式ウェディング」
とは

英国淑女に学ぶ、
Beauty Tips ①

英国王室を身近に感じて。
ロイヤルワラント
(英国王室御用達)のお話

1155年の初代イングランド国王から始まった​ロイヤルワラントは、現在では、英国女王、​エディンバラ大公、チャールズ皇太子の3名によって​引き継がれているそうです。​
この認可には5年ごとに審査があり、ロイヤルワラントを掲げられるということは、大変名誉であると同時に​高い品質と格式がある証といえます。​
いずれも高額品なのではと思いますが、手ごろな​価格の日用品や化粧品やお菓子など、この日本でも​すぐ手に入るところで販売されています。​

あなたもこの紋章付きの逸品を見つけて、憧れの​英国を身近に感じてみませんか?​

英国淑女に学ぶ、
Beauty Tips ①

英国王室と縁が深い逸品を持つ
「D.R.HARRIS
(ディー・アール・ハリス)」

「D.R.HARRIS」は、1790年にロンドン最古といわれる​薬局の外科医ヘンリー・ハリスと、薬剤師ダニエル・ロートリー兄弟によって創業されました。​
創業226年経つ現在でも老若男女を問わず​愛用され、中でも人気商品はオーデ・コロンや​石鹸、シャンプーなどの香り高い化粧品なのだそうです。​

特に注目したいのは、神々しく2つの紋章が印刷されて​いるパッケージ。これは1938年のエリザベス女王の​母、クイーン・マザーから始まり、現在もエリザベス女王とチャールズ皇太子の2つのワラントを持つ、これこそ伝統と格式あるブランドの証といえます。​
今年、エリザベス女王の90歳記念のイベントが​行われていますが、D.R.HARRISではエリザベス女王​即位60周年(2012年)を記念して作られた香り「ウィンザー」を​販売しており、現在ではD.R.HARRISを代表する香りとなっているそうです。​

創業当時を彷彿とさせる店内

気品あふれるノスタルジックなデザインに、2つの紋章が印刷されたパッケージ。創業226年の伝統と信頼を感じます。

D.R.HARRIS
ウィンザーシリーズ
(写真はソープ)

英国淑女に学ぶ、
Beauty Tips ②

美容と健康の宝庫「ローズ」。​
女性にうれしい
ローズ・ビューティとは​

英国では、美しい貴婦人を​「イングリッシュローズ」と呼ぶそうです。
その所以は様々ですが、古くから美や若さの象徴として多岐に渡り活用され​、癒しのアロマとして好まれる女性も多いようです。​
また、ローズの実(ローズヒップ)には、ビタミンCや​リコピンが含まれ、健康や美容に期待できます。​ ​

こうしてみると、ローズはまるで​女性の味方として生まれてきたかのようですね。​

英国淑女に学ぶ、
Beauty Tips ②

ハーブコーディアルは​
時を越えて受け継がれる英国の知恵​

英国、と言えばハーブも有名。​そこでご紹介したいのが英国の伝統的飲料「ハーブコーディアル」です。​
美容と健康に必要な成分が凝縮され​香りや色も美しく、飲み方もアレンジできるので​日本でも人気のヘルシードリンクです。​

今回のおすすめは、やはり「ローズヒップ」。​鮮やかな赤と甘酸っぱい味と香りが人気です。​ このほかに種類も豊富で、コンブッカや、エル​ダーフラワー、コリアンダー、クランベリー&ハイ​ビスカスがあり、ドリンクだけでなくスイーツのレシピ​ に取り入れているレストランもあるほど。​ ぜひ、あなた好みのハーブコーディアルをソシエのサロンで探してみませんか? ​

英国淑女に学ぶ、
Beauty Tips ③

花嫁の幸せを願う心を形に。
​伝統を大切にしたウェディング​

英国では、伝統とルールに従いながらも​“自分らしさ”にこだわり、手作り感や​オリジナリティにあふれるほど喜ばれるのだとか。​古くから伝わる代表的な言い伝えとして有名な​「something 4」は、挙式当日に花嫁が​身に着けると幸せになると言われています。​

Something Old​ 祖父母又は父母の持ち物。家族の絆を象徴。​
Something New​ 新しい物。新生活と未来への幸福を象徴。​
Something Borrowed​ 家族や既婚者からの借り物。幸運のお裾分を象徴。​
Something Blue​ 青い物を見えない所に身に付ける。貞節と普遍性を象徴。​

英国淑女に学ぶ、
Beauty Tips ③

家族や友人たちへ​
自分史上、最高にキレイな私を​

もうひとつの有名な言い伝え「June bride」。​結婚と家族の守り神とされ、素晴らしい美貌の持ち主​としても知られるローマ神話の女神「Juno(ジュノー)」が​語源。英国ではジュノーの名を冠した6月に結婚する花嫁は幸せになるといわれているそうです。​家族の温かさが伝わる英国らしい言い伝えですね。​

日本を見てみると、当日まで披露宴の準備などで​忙しく、主役である花嫁が心身ともに疲れたまま当日を​迎えてしまうことが多いようです。​
キレイな花嫁を目指すには、衣装が決まったら​すぐブライダルエステを予約して、1日も早くお手入れを​始めましょう。そして、外見だけでなくソシエスタッフが​花嫁の心まで癒してくれ、良い思い出になること​間違いなしです。​
サロン見学や体験も承っておりますので、エステティックが初めての方も、お気軽にご相談ください。 ​

ビューティ・ジャーニー 第二章 コッツウォルズ・フェイシャル

コッツウォルズ・フェイシャル

ダブルマスクの贅沢コースで
内側から輝く
エレガントビューティへ。

このコースの特徴は、海藻と石膏による冷たさと温かさのWマスク。
奥深くに感じる潤いと栄養とソシエオリジナルメソッドで癒やされながら、肌を整えてくれる、この季節におすすめのトリートメントです。

コース紹介

贅沢なダブルマスクで、ヴィーナスのような肌に。

  1. ショルダータッチ

    1ショルダータッチ

    ローズのボディオイルでトリートメント前にしっかり首と肩まわりをもみほぐします。

  2. ダブルクレンジング

    2ダブルクレンジング

    メイクを落とし、さらに古い角質をやさしく取り除きます。

  3. 3ソシエオリジナルテクニック

    美容液を塗布後、ソシエオリジナルテクニックでしっかりと。その後に、ローズの香りのジュレを浸透させていきます。

  4. 海藻マスク+石膏マスク

    4海藻マスク+石膏マスク

    冷たい海藻マスクと温かい石膏マスクのダブルマスクの贅沢づかいで至福のひと時を。マスク中は足元をもみほぐすサービスを行います。

  5. 整肌

    5整肌

    肌と同じ浸透圧のローションをスプレーした後、紫外線防止のクリームを塗布し頭皮をもみほぐします。
    最後にはちみつ入りリップバームを使用して終了です。

「ヴィーナスマスク」1回75分

メンバー価格25,920円(税込)
ビジター価格31,104円(税込)

初回体験価格
8,000円(税込)

タルゴ店のみコース名が異なります。詳しくはフリーダイヤルまたはサロンまでお問い合わせください。

コッツウォルズプロモーション実施中 コッツウォルズプロモーション実施中

ビューティ・ジャーニー 第二章 コッツウォルズ・ボディ

コッツウォルズ・フェイシャル

ソシエオリジナルの手技で
深部の疲れまでしっかりアプローチ

体が縮こまりがちな季節。エステティックでゆったりと全身をもみほぐして一気に解消しませんか。
今回は、心まで潤いに満たされるローズオイルのトリートメントを期間限定でご用意いたしました。
春の訪れを感じる華やかな香りとともにぜひ一度お試しください。

コース紹介

ソシエ創業時から培ったオリジナルハンドテクニックを使い、滞った部分を解放し、肌も柔らかく、潤いが満ちてくるような心地よい状態へと導いてくれます。

  1. ディープ クレンジング

    1ボディチェック

    現在のお身体の状態、ご希望の力の強さや特に疲れているところを確認させていただきます。

  2. ディープ クレンジング

    2トリートメント

    全身または特に疲れている部位を集中的に揉みほぐしていきます。

「コンフォートオイル
トリートメント」1回60分

メンバー価格18,360円(税込)
ビジター価格22,032円(税込)

初回体験価格
6,000円(税込)
コッツウォルズプロモーション実施中 コッツウォルズプロモーション実施中

スペシャルハーブティ
「コッツウォルズ・ブレンド」

お手入れのあと、
ほっとひと息
ついていかれませんか?

ローズの上品な香りとハイビスカスのさわやかな酸味が広がる、美しいルビー色のハーブティー。
ローズヒップの「ヒップ」は、バラの果実を意味する言葉で、主にワイルドローズという原種のバラに付くそうです。酸っぱい味がしますが、これはビタミンCが同量のレモンに対して約20倍も含まれているから。また、赤い色素のリコピンやビタミンB1、B2、カルシウムなどもバランスよく含まれており、リラックス効果も期待できるので、身体だけでなく心まで栄養を届けてくれそうなお茶です。

*原材料:ローズレッドペタル、ハイビスカス、ローズヒップ、ワイルドストロベリーリーフ、レモンバーベナ、ペパーミント

次回予告

The Beauty Journey 2017 CAPRI

ビューティ・ジャーニー第三章は、
憧れの島、イタリアの「カプリ」です。

太陽の光と、
海の恵みにあふれるリゾートの
ラグジュアリーなひとときを
お届けいたします。
(2017年4月予定)