社長メッセージ

代表取締役社長:村田 尋一

質の追求によって「一流」にこだわり、お客様に選ばれるサロンでありたい。

当社は2015年に、創業55周年を迎えました。
創業以来、長きにわたって経営の根幹となっているのが人財育成、つまり「教育」です。

私たちは、つねに「高品質な技術とサービスの提供」をモットーとしてきました。技術、接客、商品、立地、環境、設備、そのすべてにおいて「高品質」であるための努力を重ねてきました。そして、その中核を担うのが人である以上、社員こそが資産であることを肝に銘じ、成長を促すための「教育」に費やしてきた情熱とエネルギーは、どこにも引けを取らないと自負しています。教育を重視し、優秀な人財を育てることが最大の顧客満足につながるという信念のもと、愛情をもって厳しく、人財育成に力を注いできました。

こうした企業姿勢を評価していただき、当社は多くの顧客資産に恵まれています。社員は、お客様とともに年を重ね、その人生に寄り添いながら、仕事に誇りを持って働き続けることが可能であり、自らの人生を豊かにしていくことにより、それぞれのステージで自己実現を果たしています。

村田代表写真

村田代表写真

もちろん会社としても、キャリアアップのための様々な選択肢を用意しています。私自身も美容師として入社し、会社から数々のチャンスを与えてもらうことによって成長の機会を得て、今にいたっています。やり甲斐にあふれ、長く働ける環境が整っているということは、一人の先輩として、皆さんにお伝えしておきたい当社の自慢です。

今後は、100年企業へと成長していきたいという展望のもと、日本の美容業界を担う一企業として、国内の新規出店での事業拡大、アジアを中心とした出店計画、スパリゾートへの進出計画、共同事業でのフィールド拡大といった成長戦略を描いています。ただし、目指すのはあくまで、質を重視し、美容業界を尊敬される産業へ導いていくことだと考えています。

そのためには、お客様から選ばれるサロンであり続けることが大事。社員一人ひとりが、トータルビューティの創造者となり、ベクトルを合わせ、互いに協力し、ともに「一流」を目指していきたいと、強く願っています。

取締役:須藤 政子

結婚・出産を経ても仕事を続ける社員が多いことは、私たちの誇りです。

私たちは業界内外において、エステティック産業の地位向上にいち早く取り組み、エステティシャンのレベルアップや、サロンの健全化に向けて、力を尽くしてきました。また、働く女性を支援する制度を充実させ、2013年からは子育てサポート企業としての「くるみんマーク」の認定を受けています。こうした数々の取り組みの背景には、当社の独自性が挙げられます。

私たちのエステティックは、日常生活をより豊かにすることに重きを置いています。そのため、高い技術を有するのは当たり前、その先にあるおもてなしの心をいかに具現化していくか、その根幹をなす接客・接遇にことのほか心を砕いてきました。結果として、固定のお客様の比率が非常に高く、必然的に顧客の年齢層も高めとなっています。

こうしたお客様に対しては、日頃の鍛錬と専門知識に裏付けられた高い技術力、人生経験に基づく豊かな人間性、そして教養によって磨かれる高い品位が求められます。そのためキャリアを積んだ人ほど高く評価される職場環境が実現されており、結婚・出産を経ても仕事を続ける社員が多いことは、私たちの誇りでもあります。

これは、あるサロンでの出来事ですが、余命宣告を受けたお客様が、医師の承諾を受け、私たちのサロンに最後まで通い続けてくださいました。後日、ご主人がわざわざサロンに足を運び、おっしゃってくださった言葉は、私たちの大切な教えです。
「身も心もキレイでい続けたいと願い、その通りに最後を迎えられたのは、あなたたちのおかげです」

須藤取締役写真

たとえ微力であっても、小さなことの積み重ねによって、人の人生に影響を及ぼし、尊厳にまで関わっていく。私たちの仕事とは、そういう仕事です。私自身、こうした出来事に直面するたびに、日本でも医療や福祉の現場にエステティックを導入することの必要性を感じますが、法律や制度の整備など、壁が多いことも理解しています。ただ、どんなに時間がかかろうとも、これは皆さんとともに実現していきたい、私たちの夢でもあります。

情熱的で、開拓者精神を持ち、何より優しい心根を持った皆さんとお会いできる日を、私たちは心から楽しみにしています。

このページの上へ戻る